スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【今日もまた「Google+」について・・・】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

本日はまだ仕事が残っていることもあるのでちょっと手短に。


月曜日にご紹介させていただいた「Google+」の加入者数が、早くも1,000万人を突破したそうです。

「Google+」ユーザー数、1000万人に到達か--Ancestry.com創設者が調査


MixiやTwitter、Facebookと比べて革新的に早いペースでの加入者1000万人到達。

G-mailという最強のキラーコンテンツを持っているというのが本当に強みとなっていますね。


この勢いがどこまで続くのか、また、Google BuzzやGoogle Waveでコケてしまった時の二の舞にならないか、大変注目しています。

これまで、「対機械」では無類の強さを発揮するものの、「対人間」のコンテンツになると一気に弱さが出るGoogleだったので・・・


さらなる発展のためには、まだちょっとコンテンツやデザインの部分が弱いかな、と。

新たな良コンテンツの投入やデザインの改良が今後どこかで必要だと思います(^^;


それにしても、ウェブサービスは次から次へと新しいサービスが出てきますねぇ。

すべてを追うのがそろそろ面倒臭くなってきています(笑)


こういう状況では、Hootsuiteやjibeのような複数SNSを一括管理できるアプリは本当にありがたいものです。

当然のことながら、Google+への対応はまだこれからなんですけどね。


早くGoogle+にも対応しないかなぁ、Hootsuiteとjibe・・・と切に願っている今日この頃です・・・。


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!
スポンサーサイト

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : Google+ 1,000万人 ウェブサービス コンテンツ

【Google+、はじめました!】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

実は、巷で噂の(?)「Google+」、先週の土曜日から僕も始めています。


tumblr_lnzddyVcdJ1qao3c7.png


------------------------------
【Google+で既存のクラウドツールの使い方が一変しそうな予感】

Facebookを始めとするソーシャルの圧力に対するGoogleの解答ともいえる Google+ サービスが限定公開されています。

私も初めの日に運良く紹介をいただくことができて、この一週間試していました…

<Lifehacking.jp>より引用
------------------------------


友人でもあり、以前ちょこっとだけ仕事でも絡んだことのあるSEOアカウントプランナーの木村正晴氏に紹介メールを送ってもらいました。

(現在はテスト版ということもあり、アカウント保持者からの紹介がなければ入れないようです。)

まだ色々と語れるだけ使い込めているわけではなく、自分にとって最も良い使い方はどのようなものか色々と試しているところです。


引用記事にもあるように、Facebook/Twitterとの比較や、日本でGoogle+が成功するか否かといった話題はすでに多くの記事があるので、そちらを参照いただくとして、ここでは個人的な興味の方を。


こういった”ウェブのソーシャル化”の動きが、事業の形、特に、広報戦略というものにどういった影響を及ぼすかについて、とても大きな興味を持っています。


Google+では、フォローしているメンバーをグループに分け、投稿する内容によってそれを見せるグループを選択することができる機能があります。

これを「サークル機能」というのですが、僕はこの「サークル機能」に大変注目しているのです。


例えば誰かが「この商品はオススメだ!」などと思ったときに、ツイッターへの投稿だと、「自分と繋がっている人間すべて(=不特定多数)」に対してその情報を発信します。

これがGoogle+では、「その商品に興味を持ちそうなサークル(メンバー)」に絞って発信する、ということができるようになったのです。


これまでTwitterのリスト機能に代表されるように、情報の”受け手側”だけで整理されていた「情報」というものが、”発信する側”においても整理できる環境が生まれたのです。

この結果、”発信する側”においても情報の整理が行われることにより、”受け手側”に見える記事の量が今よりも絞られる(少なくなる)可能性があると思っています。

発信される情報が絞られることにより、今現在、自身にとって必要であるものの「書き込まれ過多」のために見逃してしまっている情報が、目に入ってくる可能性が高まるということはないでしょうか?


発信する対象を絞ることにより、「1投稿あたりにその記事を見てもらう人数」という意味での”拡散性”は失われるかもしれません。

しかし、逆に「その1投稿あたりにその記事に興味を持ってもらえる人数」という意味での”アプローチの的確性”は今よりも向上すると思います。


情報過多の時代に、それを「整理する方法」まで備えたものがリリースされる、それもグループウェアなどではなく、プラットフォームのものにおいて・・・

地味ではありますが、実用的で、進歩的な話だと僕は考えます。


ちなみに、Facebookにも同じような「リスト機能」というものがありますが、個人的には、Facebookのそれよりも格段に使い勝手が良いです。

Facebookではリストの選択のために数クリックしなければなりませんが、Google+では2クリックで発信するサークルの選択ができるためです。

たかが1~2クリック差ですが、人にとってこういった少しの差というのは、「煩わしさ感」に換算するとかなり大きな差になってしまうと思います。

(例えば実際に、Facebookで「リスト機能」を積極的に用いて発信されている方はほとんど見受けられません。)


現実世界の人間関係をウェブ上にも反映させるという面は、FacebookよりもGoogle+に長があると思います。


・・・とまぁ、ここまで色々と話してきましたが、「じゃあ、どう使えばうちの事業に活かせるんだ?」と聞かれると、「まだそこまでは把握してないですスイマセン・・・」というしかないのが正直なところ。

長文を読んでいただきながら、オチなしで申し訳ない限りです(^^;


Google+に関しては、またこれからも使い込んでいくうちに、僕の方で「おっ!」と思ったことがあれば、積極的に発信していきたいと思っています^^

特に、事業に使えそうだなぁ、と思ったことは積極的にお伝えしたいと思っていますので、ぜひ今後のご報告を楽しみにしていただければと思います。


P.S.最後になりましたが、僕のGoogle+アカウントはこちらです。

既にアカウントをお持ちの方がおられましたら、ぜひお気軽にフォローくださいね^^


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

tag : Google+ サークル機能 情報整理 アプローチの的確性 広報戦略

【「心労」は”対岸の火事”?】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

大阪ではここ数日、真夏のような蒸し暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

僕は、いわゆる”スーパークールビズ”、半袖のポロシャツに通気性の良いジーンズという出で立ちで仕事させていただいております。

(ご理解いただいているパートナーの皆様、いつもありがとうございます!)


そして事務所では冷房ではなく扇風機を全開にしています。

うちの事務所は冬は本当に寒いのですが、夏は比較的涼しいので、ある程度までは扇風機だけでなんとかなってしまったりするんです。

冷房をかけると寒いし、風邪を引きやすくなってしまうので、来客がある日と「本当に限界だ・・・」という日以外は極力冷房を付けないようにしています。


「体は資本」とはよく言ったものです。

事業者が動けなくなってしまうと、その事業の大半がストップしてしまうことになるので、特に健康には気を遣わなければ・・・と思っているところです。


また、体を崩す大きな原因として「心」というものも一つ挙げられると思われます。

代表者、事業者というのは、ただでさえストレスの溜まりやすい立場にいます。

心労が重なりすぎてダウン・・・なんてことは決して対岸の火事ではありません。


「自分は大丈夫!」と思っている方ほど、自分自身で感じないストレスを溜め込んでいる可能性があります。

ですので、「自分は大丈夫!心配するな!」なんて言わずに、自分自身の心にある程度正直になってくださいね!

ストレスなどの発散はぜひとも早め早めで行っていただければと思います^^


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

tag : 体は資本 事業者 代表者 健康 ストレス 心労 対岸の火事

【「伝える」と「伝わる」は違うんです!】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

ここ最近、ツイッターを見ていて感じたことを少し書いてみようかと思います。

それは、『「伝える」と「伝わる」は違う』ということ。


ツイッター上でのやり取りのトラブルというのは、第三者である僕から客観的に見ていると、「伝えたつもりで伝わっていない」「相手の意図を読もうとしていない」パターンがとても多いと感じています。

で、自分自身が「伝える努力」「受け取る努力」をしていないのに、相手が悪いとキレてしまう・・・

そういうのを見ていると、うーん、なんだかなぁ・・・と思ってしまうのです(^^;


自分自身の頭の中と、話している相手の頭の中は「=」ではありません。

ある一つの言葉に対する印象ですら、それぞれが持っている知識、経験、環境などによって受け取り方が変わってきます。

そのあたりをある程度意識した状態で話をしないと、ちょっとした認識の違いが大きな誤解を生み、トラブルとなってしまうと考えます。


誰かと話をするときは、相手の知識や経験、環境などを考えた上で、自分の言葉ではなく、相手が分かりやすい言葉を使うことが大切です。

理想を言えば、一つの言葉を発するにも、それを言うことによって相手がどのように受け取るか、きちんと考えて発するべき。

即答性が求められる直接の会話や電話では難しいですが、メールやSNS上でのやり取りについては、ちょっと意識すればできることではないかと考えます。

また、顔が見える直接の会話よりも、顔が見えない電話やメールにおいて特に意識すべきだとも考えます。


そして、言葉を発する側だけでなく、受け取る側も、その言葉をどのような意味を持っているのかを意識して考え、適切に受け取ろうとする努力をするともっと素敵なコミュニケーションになるのではないかと思います。


とまぁ、これだけいっちょ前にいいながら、僕自身「伝える・伝わる話し方」についてレベルが高いという訳ではなかったりします(^^;

”他人のふり見て我が振り直せ”、ということでしょうね。

これからもどうやったら相手に「伝わる」のか、そして、相手を「受け取る」ことができるのかを、もっともっと意識していきたいと思います。


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

tag : 伝える 伝わる 受け取る 言葉 コミュニケーション

【インプットでも、アウトプットでもなく、心を整える。】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

今週も色々なことがあったなぁ、と思い振り返りながら、このブログ記事を書いているところです。

そして1週間を振り返りながら、ここ1~2ヶ月ほどのことまで考え及んでいるところです。


気付けば、このように自分自身のことをゆっくりと振り返るのはいつぶりでしょうか?

最近はもっぱら、パートナー様やお客様のことを考えてばかりで、自分の事務所や自分自身のことについて考えてなかったなぁ、と。

なかなか日々の任務に追われてしまうと、自身の頭の中や心の中を整理するということはサボりがちになってしまう性格・・・

これは意識して自分のことを考える時間を持つ方が良いな、と強く感じています。


ちなみに、サッカー日本代表の長谷部誠選手が、心を整える(≠心を強くする)ことが大切だということをあるテレビで言っておられました。

長谷部選手はそのために、寝る前に30分間、「ボーっとする時間」を持っているそうです。

ボーっとすることで、その一日に頭で考えたことや心で感じた様々なことが整理されていくのだとか。


僕は、以前同じようなことを、お風呂に入って湯船にゆっくり浸かっている時間にやっていました。

でも、ここ最近は湯船に浸かってても事業のことを考えてしまっています。

湯船に浸かっているときが一番頭が働くので、どうしても目の前にある課題のことを考えてしまうのですよねぇ・・・(これがいけないのですが・・・)


なので、これからは寝る前30分を、この「ボーッとする時間」に当てようと思います。

事業のことを考えるでもなく、本を読むでもなく、布団に寝っ転がってただただ「ボーッとする」。

僕にも効果があるのかないのかは分かりませんが、ボーッと心の赴くままに色々なことを思い浮かべてみようと思っています。


インプットは大切。アウトプットも大切。

でも、整理整頓しなきゃ意味がないんですよね。

それらをきちんと整理整頓することで、次のいいインプット・いいアウトプットに繋げられるのではないでしょうか。


自分自身にゆとりを持てるよう、これから意識して、工夫に取り組んでいきます^^


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

tag : 振り返り 整理 整理整頓 長谷部誠

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。