スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【「株式」と「社債」と「銀行借入」】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

検討作業のほうが一旦落ち着いたんで、深夜ではありますが更新しておこうと思います


さて、昨日は株式会社の設立関係でご相談をいただき、打ち合わせに行ってきまいりました

なんでも、自己資金が不足しているので、日本政策金融公庫で融資を受けることを念頭に株式会社を設立したいとのこと

自己資金があまりにも少ないと希望融資額が満額出ないことがある旨をお伝えしたところ、それならば一人ひとりからは小口で、そしてたくさんの方から資金を募るという方法を取れればそうしたい、というご要望でした


株式会社が資金を集めるには、大まかに、

1,株式
2,社債(少人数私募債)
3,銀行借入

の3種類が挙げられます


1の株式とは、

「均一的に細分化された割合的単位の形をとる株式会社の社員たる地位」

のことを言います

簡単に言うと、「株式会社の所有者(=オーナー)であるという権利を表すもの」って感じです


2の社債は、会社が発行する「債券」のこと・・・いわゆる「会社の借金」です

株式会社が社債を発行するということは、社債を購入した方から直接お金を借りることを意味します

3の銀行借入も社債と同じく「会社の借金」なのですが、人から直接お金を借りるのであなく、色々な方が金融機関(銀行や信用金庫など)に預けた預金から借りる、いわゆる「間接金融」だという点が大きく異なる点です


この3つには、ざっくり、

【株式】

・株式で集めたお金は「出資金(自己資本)」となる
→企業は株主に対して返済の義務なし・利益が出たときに配当という形で報いる

・株主は会社の所有者(オーナー)となる
→株主は会社の経営について、原則的に一定の権限を持つ

【社債や銀行借入】

・社債や銀行借入で集めたお金は「負債」となる
→企業は社債の所有者に対して返済の義務あり

・社債権者などは会社の債権者(お金を貸した人)である
→社債権者などは会社の経営について権限を持たない

という点に違いがあります

それぞれにメリットとデメリットがあるため、「どれを用いて資金調達するか?」というよりは、「それぞれをどのように組み合わせて用いて資金調達するか?」が大事なのです

(ちなみに余談ですが、個人的には、最初からたくさんの方から広く株式出資を募るということはなるべく避けた方がよいのではないかと考えます

その理由はまたどこかいいタイミングがあればその時にでもお伝えできればと思っています


今回ご相談いただいた方にもそのあたりのご説明をさせていただき、一度お持ち帰りいただいて再度ご検討いただくということになりました

事業立ち上げ期には企画や経営のお話だけでなく、こういった手続き面でのお話も検討しなければならず、本当に大変な時期だよなぁとつくづく感じます

法務&行政手続きディレクションサービスの方では、少しでもその部分の負担を軽くできればと思いながら、毎度お仕事させていただいております・・・


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!
スポンサーサイト

theme : 行政書士
genre : ビジネス

tag : 株式会社 設立 自己資金 株式 社債 借入 出資 調達

【久々に法務系の検討!】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

今日は久々に事業のディレクションの仕事ではなく、法務のディレクションの仕事をしておりました

最近事業のディレクションのお仕事が大半で、ほとんどこちらの仕事はしていなかったので、密かに”勘”を戻すのに必死だったりします(笑)


両者とも基本的に「論理的に粛々と考えていく」という点に変わりはないのですが、粛々と考えるアプローチが少し違うのかな、と思います


事業のディレクションの方は、すごくざっくり言うと、

自身の現時点での理想の地点を定める

↓↓↓

そこに対し今の自分自身がどのあたりにいるのかを適切に把握する

↓↓↓

「その間を埋めるためにはどうするのか?」を、「こちら側」と「向こう側」の両方から考える

というステップを踏みます


対して法務のディレクションは、

問題となる事柄に関しどのあたりに法令やコンプライアンスに関わる部分が存在するのかを把握する

↓↓↓

それに対して法令等でどのような手当がなされているのかを調べる

↓↓↓

その事柄に対しどのように対処すれば良いのかを検討していく

というアプローチを行います

法令の具体的な細かい中身までは知らずとも、「あ、これってたぶん〇〇法に関係するよな」と気付く力、そして、気付くための知識量がとても重要になると考えます


”正解”が存在しない事業ディレクション、ある程度の”正解”のある法務ディレクション、それぞれに楽しいところと、難しいところがありますね

「どっちがやっててより楽しい?」と聞かれたら・・・

・・・ここでは答えづらいので書きませんが、また興味のある方は僕に直接聞いていただければと思います(笑)


あ、ちなみに、法務関係のアプローチは誰に習ったとかでもないので、他の士業の方もこのようにやっているのかどうかは全く分かりません(^^;

「そのやり方は良くないよ」だとか、「もっといい方法があるよ」だとかということが分かる方がおられましたら、ぜひ僕の方までご教示いただけますとありがたいです


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 行政書士
genre : ビジネス

tag : 法務 ディレクション アプローチ 法令 知識

【専門家に頼むとき、誰でも一緒って思ってる?】

こんにちは大阪の行政書士、新田です

次の予定まで少し時間が空いたので、ここぞとばかりに更新(笑)


気付けば、前回の更新から早くも2週間近くも経ってしまったのですね

会社設立手続きや、建設業許可に関するお話、はたまたNPO法人の設立手続きに関するお話と、「これぞ、行政書士!」という業務が一斉に入ってきたこの2週間でした


今日の記事は、この2週間の間にこなした業務の中から「会社設立の手続き」に絡ませて「専門家の選び方」についてお話させていただこうと思います


一口に「会社設立手続き」と言いましても、するべきことやチェックすべきことって結構多かったりします

通常、大まかには、

---------------
定款を作る・公証人さんに定款を認証していただく

↓↓↓

登記申請書に添付する書類を作成

↓↓↓

登記申請書を作る・法務局へ提出
---------------

という流れを踏むのですが、この流れの中に色々と細々としたことや注意事項が入ってきます

たとえば、「資本金を自身の口座に振り込む」とき、

・どの(誰の)通帳に振り込めばいいのか?
・預入れ?振込み?
・日付はいつでもいいの?

といったことを考えなければなりません

「そんなことどっちでもえぇやん」と思った方、これ、どっちでもよくないんです・・・(汗)

例えば日付に関しては、

「定款認証後の日付となっている」
「払込みに関する書類に記載されてある日付と合っている」

の両方を満たさなければ、法務局の方から補正の指示を受けることになってしまいます

自信満々に登記申請書を法務局まで持って行ったはいいけど、「日付がおかしいですよ?」と言われて資本金を振り込むところからやり直し!とか、面倒極まりないですよね(^^;


他には、会社設立後に助成金や補助金をいただくことを検討されておられる方は、定款を作る際に「会社の目的(会社がどんな業務を行うのか)」や「取締役」などの事項について、それなりに検討する必要があります

助成金や補助金の申請の要件になっていることがあるためです


また、会社設立後の手続きや法務面で考えることとして、税務署や社会保険事務所への届出、自社で使う契約書のご用意などが・・・

・・・といったことを書き出していくとキリがないので今日はこのあたりにしておきます(笑)が、これまで見てきたように、一口に「会社設立手続き代行」と言ってもコンサル的要素が大いに出てくる任務だったりするのです


ただ、「全部専門家にやってもらったから、何をどう手続きしたんか全然知らんよ」というのも、いざという時に対処できなかったりします

ですので、きちんと専門家の方(行政書士や司法書士、税理士、社会保険労務士etc...)からの説明を聞き、自分自身で理解しておくことはとても大切です

このことから、手続きやコンサルティングを専門家に頼むときの選ぶ際の考え方として、

・丁寧に説明してくれるか?
・その説明の仕方は、自分に合っているか?

という点は非常に重要な基準になると言えます


一度依頼すれば、その事業が続く限り、その専門家とのお付き合いが長くなる場合が圧倒的に多いです

ですから、「たかだか一回の手続きだし」などと考えずに、ご自身(や会社)に最も”合う”専門家に見ていただく方が、長い目で見ると一番よいのではないかと考える訳です


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 行政書士
genre : ビジネス

tag : 専門家の選び方 会社設立 手続き 行政書士 司法書士 税理士 社会保険労務士 コンサルタント 説明 事業

【「チームちょうちん」のブログがリニューアルしました!】

こんにちは大阪の行政書士、新田です

新田行政書士事務所も知財&法務ディレクション担当として参加させていただいている、「世界で唯一の”日本の癒し”を体現できる鉄筋造形、ちょうちん造形を世界に広めよう!」プロジェクト、「チームちょうちん」のブログがこの度リニューアルされました


------------------------------
ちょうちん造形の活動報告を行うブログ
「チームちょうちん オフィシャルブログ」
を立ち上げることとなりました。(新アドレスはhttp://blog.chochin-zoukei.com/
ちょうちん造形の動向に関する基本的なお知らせは、
今後そちらの方から発信させていただく事になると思います。

「チームちょうちん」とは、ちょうちん造形が日本の景色に自然と溶け込み、
発展してゆくことを願う、基本お人好しな人間集団です。

  代表:溝脇(株式会社シュテルン)
  製造責任者:橋本(青雲社)
  ディレクター:桑山(感響創造クーハウス)
  法務・戦略:新田(新田行政書士事務所)
  マネージメント・雑用:丸山(株式会社シュテルン)

自画自賛にはなりますが、ひとつ欠けてもチームの力が半減する、
非常にバランスのとれたチームだと思っています。(^^;
今後とも変わらぬご支援を賜りましたら、幸いです。

<集客できる看板、脱看板屋をめざして>より引用
------------------------------


新田の名前が入ってることに思わずニンマリ(笑)

溝脇代表にも、丸山師匠にも、いつもお世話になりっぱなしです

本当に、いつもありがとうございます

20101001_1712487.jpg
(御堂筋イルミネーションに出典するちょうちん造形のデザイン画です
感響創造クーハウス 桑山真弓氏 及び ちょうちん造形ドットコム

これからも、「世界唯一の屋外常設可能な内照式鉄筋幕造形」を、「日本が誇る世界のちょうちん造形」にするべく頑張っていきましょうね


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 頑張りまっしょい!
genre : ビジネス

tag : 知財 法務 ディレクション 世界唯一 ちょうちん造形 チームちょうちん 内照式鉄筋幕造形

【絵に描いたような行政書士業務】

こんばんは大阪の行政書士、新田です

今日は秋分の日でしたね皆様いかがお過ごしになられましたでしょうか


僕はというと・・・朝は少しゆっくりさせていただき、夕方からは事務所で残務処理や次の書類作成の段取りなどをする一日となりました

ここ最近株式会社設立のお手伝いをさせていただいているお客様から、その流れで飲食店の営業やその他の許認可関係のお話もいただきそうな雰囲気があるため、少し準備し始めておこうと思ったためです

久々に「これぞ行政書士!」という業務が立て続けに入ってきており、あぁなんやかんやでこれも゛本業゛なんだなぁとしみじみ思っています


「法務や行政(役所)関係のことやし、とりあえず新田に聞いてみるか」と思っていただけるのは非常にありがたいことです

今さらながら、「専門性」って大事だなぁと感じています

「ん?」と思った時に、僕の顔をポンと頭に思い浮かべてくれることほど、一番の”営業”はありませんもんね

(まぁ、まだまだ「行政書士って何する人なん?」とおっしゃる方は多いのですが・・・それでも、「特上カバチのおかげでだいぶイメージを持っていただきやすくなりましたので・・・櫻井翔くんには頭が上がりません(笑))


事務所としては、今後は「法務や行政」以外のものでも「専門性」を持ちたいと考えています

そして、それが最終的な自社のブランドイメージになるんだろうと思います


まだまだ「ブランディング」に関しては勉強中の身ですが、色々と工夫してがんばります


そのアイデアを、カタチに。
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 行政書士
genre : ビジネス

tag : 株式会社 会社設立 飲食店営業許可 許認可 法務 行政 行政書士

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。