スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【法律サービス以外の商品開発】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

先日ある弁護士さんのブログから見つけたのですが、某弁護士事務所が興味深い求人募集を出しています。


それによると、「新規事業開発担当者求人」と銘打ち、”ビジネス志向の人財を求めている”とのこと。


大まかな骨子としては、

1.法律サービスとは関係ない商品を開発したい
2.法律サービスとの関係性は不要

で、弁護士や司法書士、法律系の勉強をしたことのない方大歓迎ということです。


「一例を挙げれば,通販,保育,介護,葬儀・・・」ということなので、やはり法律サービスとは無関係の商品を開発したいみたいですね。


まぁ、僕の経験上、経営戦略上の定石から考え、「1」は賛成のものの、「2」はちょっと微妙なのですが・・・。


というのは、ここまで法律サービス(というか、債務整理サービス)一辺倒でやってきた事務所が、それ以外の管理や運営のノウハウ(=知的資産)をどれだけ貯めこんでいるか疑問だからです。

根幹となるノウハウがなければ、目新しいことをやっても、その道の”本業”の方には全く歯が立たないものなのですが・・・(もちろん、サービス開始当初は目は引くでしょうが・・・)。


例として掲げているものは一応法律サービスを絡められそうなものばかりなので、まさかそんな大博打はしないと思いますが、はたして・・・?


この法律事務所の”戦略転換”ははたして吉と出るか、凶と出るか?

他社には全く興味のない僕ですが、この件だけは少しだけ注目しています。


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!
スポンサーサイト

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 弁護士 司法書士 新規事業 商品開発 法律サービス 経営戦略 ノウハウ 知的資産 戦略転換

【橋下さんが処分をくらったらし。】

こんにちは大阪の行政書士、新田です

我らが大阪府知事の橋下さんが、どうやら”例の件”で弁護士会から処分を受けたみたいです

------------------------------
【橋下知事に業務停止2カ月=光市弁護団懲戒呼び掛け―「品位害する」・大阪弁護士会】

弁護士の橋下徹大阪府知事が、就任前に山口県光市の母子殺害事件の弁護団への懲戒請求をテレビ番組で呼び掛けた問題で、大阪弁護士会(金子武嗣会長)は17日、「弁護士の品位を害する行為」として、橋下氏を業務停止2カ月の懲戒処分にした。

<Yahoo!ニュース>より引用
------------------------------

まぁ、今回の話に関する具体的なコメントはここでは避けます(苦笑)が、一般論として、「倫理」や「品位」についてのお話は様々な意見があり、また、”真っ二つ”に割れるところでもあります
そして、その”議論”の内容を見てみると、「一般的な価値観を持つ人間から見た目線」といいますか、ひいては「お客様目線」といいますか、そういうものがポッカリ空いてしまっていることも往々にしてあったり・・・

「内部の人間」って、意識しなければなかなか「外部の目線」で物事を捉えるということができないんですよね

自分の頭で考える以上、その考えから「主観」を”完全に”取り除くことは不可能です
出来る限り「客観的」に物事を捉えるために、他者の意見、特に、その業界や商品のことを全く知らない”一般の方々”の意見を取り入れることが重要

・・・と偉そうなことを書いている僕のこの考えも、「主観的」な意見ですよね

なんでもかんでも「客観視された考え」がいいということではありませんが、「盲目」「盲信」が大きな罠であるということは太古の昔からの歴史が語る揺るぎのない事実
ちょっと背中の後ろの方から自分自身を見下ろして考えるような感覚を常に一定程度は保ち続けていたいと、個人的には心にとめています

著作権・知的財産権・知的資産活用サポート
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : 大阪府知事 橋下徹 業務停止 内部 外部 主観 客観

【「ドロップシッピング」業者の摘発・捜索】

こんにちは大阪の行政書士、新田です

今日は、久々の「気になったニュースコーナー」いってみましょう


------------------------------
 インターネット上にホームページを開設し、家電などの商品を販売するネット商法「ドロップシッピング」(DS)を巡り、「絶対にもうかる」などと虚偽の説明をしたなどとして、警視庁は27日、東京都台東区上野のネット関連会社「サイト」本社など数か所を特定商取引法違反(不実の告知など)容疑で捜索した。

 DSは主婦やサラリーマンの「手軽な副業」として広まっているが、全国各地の消費生活センターには「全くもうからない」などの苦情も多数寄せられている。DS事業者が強制捜査を受けるのは全国初で、同庁は押収帳簿などを分析し、実態解明を進める・・・

【ネット商法「ドロップシッピング」摘発、捜索】<YOMIURI ONLINE>より引用
------------------------------


僕はこの「ドロップシッピング」についてあまり詳しくないのですが、実際にそんなに儲かってる方はおられるのでしょうか・・・

「必ず(100%)儲かる」「リスク0」なことって、この世にどのくらいあるのか・・・

「甘い言葉」には要注意、いや、要警戒って事ですね


ちなみに、このニュースに関連する法律として挙げられるのは、

・民法(全ての法律の「基礎」「土台」となる法律)
・特定商取引法(クーリングオフで有名な法律)
・消費者契約法(契約を勧誘されている時に事業者に不適切な行為があった場合、その契約を取り消せることを規定している法律)

あたりです

ぜひチェックしていただければと思います


著作権・知的財産権・知的資産活用サポート
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 今日、気になったネタ
genre : ニュース

tag : ネット商法 ドロップシッピング DS 特定商取引法 不実の告知

【ヴェルサーチの「のれん代」は18億円!】

こんばんは。ようやくブログ更新のやる気が戻ってまいりました、大阪の行政書士新田です

今晩は本当に久々の【新田の気になったニュースコーナー】をお送りします


------------------------------
【偽ヴェルサーチ販売業者らに賠償18億円、米ロサンゼルス】

米国で自社ブランドの偽造品が広範囲で販売されているとして、カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)の裁判所に商標権侵害の被害を訴え出ていたイタリアの高級ファッション・メーカー、ヴェルサーチ(Versace)が、2000万ドル(約18億5000万円)の損害賠償を勝ち取った・・・

引用元:MODE PRESS
------------------------------


商標権というのは、日本で言ういわゆる「ブランド」「のれん」というものを保護するもの。

今回は、(どれほどの量の偽造品が出回ったのかは知りませんが・・・)「ヴェルサーチ」という「ブランド」に約18億5000万円の価値があるということを裁判所が認めたということになりました

ヴェ・ル・サ・ー・チ!の5文字(いや、6文字か!)に18億5000万円の価値・・・う~ん、さすが高級ブランドというかなんというか・・・いち庶民の僕はただただ開いた口がふさがりません


こうなると、気になるのは自社のブランド価値

「新田行政書士事務所」のブランド価値ははたしてどのくらいあるんでしょうか

・・・おそらくはほぼ0に近いはず(笑)

って、笑ってる場合じゃない

もっと頑張れ、俺


てな訳で、明日も我が事務所のブランド価値向上のため、一生懸命頑張ってまいりま~す


著作権・知的財産権・知的資産活用サポート
新田行政書士事務所

B!

theme : 今日、気になったネタ
genre : ニュース

tag : ヴェルサーチ 商標権 ブランド のれん 価値

【違憲判決が出ました!】

------------------------------
【公有地に神社「違憲」 最高裁 解消のために審理差し戻し】
------------------------------

はじめこのニュースを見たときには、「最近よく違憲判決出るな~」なんてくらいでしか捉えていませんでしたが、よく読んだらこの判決、法律系資格受験生の皆様にとっては結構重要な判決になってしまう可能性があるんですね><

詳しくは割愛しますが、「政教分離(以下の※1で説明)」に関する違憲判断が、従来の「目的効果基準(以下の※2で説明)」ではなく、「宗教施設の性格や提供の経緯、これらに対する一般人の評価などを考慮し、社会通念に照らして総合的に判断」という基準で判断されたということは、憲法を少々かじっている者にとってはそれなりの大事件です。

特に受験生の皆様にとっては、論点が増えてやっかいなことになりますね…><

まだ判例を読んでないので詳しいコメントは避けますが、個人的には「”地代が無料”ってのがあからさま過ぎたのかなぁ…?」という印象を受けています。

とにもかくにも受験生の皆様には、混乱せず、落ち着いて論点の整理を行っていただければと思います。


※1「政教分離」とは?:国家(政府)と宗教との間を分離し、政府の宗教的中立性を要求する制度のこと。簡単に言うと、”国がある特定の宗教だけ優遇したりしたらなんかセコくね?(汗)それだけはやめようぜ!”っていう感じです。

※2「目的効果基準」とは?:行為の「目的」が宗教的意義をもち、その「効果」が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になるような行為かどうかで判断するという基準のこと。


著作権・知的財産権・知的資産活用サポート
新田行政書士事務所

B!

theme : 行政書士
genre : ビジネス

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。