スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【今月の言葉 01/11'】

------------------------------
行動にはつねに動機があり、目的がある。
動機が正義であり、目的が善であって、
その行動だけが悪だということは、人間にはありえない。

by 本田 宗一郎(本田技研工業創業者)
------------------------------

こんにちは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

早いもので、今日でもう2011年も12分の1が終わってしまいますね

時間の有限性と、大切さを、肌で感じる今日この頃です


さて、「今月の言葉」は、本田宗一郎氏の言葉から


そう、行動には常に、動機や、目的があるんです

「大切な人を幸せにしたい」「そのためにはある程度のお金を稼ぐ必要がある」から、「仕事をする」

「体を動かして楽しみたい」から、「趣味のサッカーをする」


個人と同じく、事業においても同じことが言えると思います


「ニーズ」というのは、「誰かが困っている」ということ

それに対する「答え」を用意し、提供していくことで、お金をいただくというののが事業というものです

だから、自分の考える「困っていること」に対して「答え」を考え、「応えていく」という目的が、「事業」というものにはあるのです

そして、その動機が「困っていること」に対する「答え」を出したいということである以上は、その行動に「悪」な選択をすることは自然と極めて少なくなるもの

(まぁ本来は、何が「善」で何を「悪」とするか定義しなければならないところですが、これは長くなるのでこの場では割愛させていただきます(^^;)


ちなみにちょっと余談となりますが、「誰が」「何に困っていて」「どうしてほしいと思っているだろうか」という3点に対し、ブレずにチャレンジし続けることはブランドを築くという観点においてもとても大切です

ブレずに継続し、その事業体イメージと必要ノウハウを蓄積してきた者だけが、「ブランド」を手に入れることができるためです

Appleしかり、スターバックスしかり、パナソニックしかり・・・


また、この点を明確にするということは、チームビルディングにおいても極めて重要なこととなります

「ブレない軸」を持つか持たないかで、チーム内の「意見の相違」をどのように解決するか、そして導きだされたものがチームメンバー全員が理解できるか、といった部分で大きな違いをもたらすからです


苦しい時期があったとしても、事業体の取る立場にブレがないということは、中長期的な成長と将来の繁栄のために絶対的に必要なことだと考えます

どうしても低く、そして狭まりがちになってしまう「視野」というものを、出来る限り高い位置から、そして幅広くということを意識していただければと思います


・・・最終的に最初のお話からだいぶかけ離れてしまった・・・ちと反省(笑)


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!
スポンサーサイト

theme : 頑張りまっしょい!
genre : ビジネス

tag : 本田宗一郎 本田技研工業 行動 動機 目的

【記憶牛!(Remember the milk!)】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

少し気を抜くとついサボりがちになってしまうのがブログ更新・・・

・・・というか、ここ数日はブログどころか、FacebookやTwitterの更新すら怠りがちです(汗)

そんな慌ただしい中、「Ever note」や「Remember the milk」で色々なことをメモしておけるというのはとても素晴らしいことだとここ数日感じています


中小企業になると特に、一人の担当者がいくつもの案件を持つということが多くなると思いますが、そんな時にそれらのすべての予定やメモを頭の中に置いておくというのは難しい

紙のメモを取っても、そのメモをどこに書いたかを忘れてしまったり・・・

これが、Ever noteやRemember the milkでメモやタスクを管理しておけば、「定期的にチェックする」ということを習慣にしてしまうだけでよくなってしまいます

それらのほとんどを自身の頭の中から消し去ることができる

空いた容量で他のことを考えられるというのは、本当に儲けものです


2つ以上の事業者間でチームを組むなんて時にも、色々と共有できていい感じ

Remember the milkなんかは、「プライベートフォルダ」がわざわざ用意されてあるので、「いつまでに彼女の誕生日プレゼントを買いに行って・・・」とか「いつまでにレストランを予約して・・・」なんてことも、チェックすることができるようになっているのです

(実際、これはすごくありがたかったです(笑))


小さなところほど、こういったサービスを使って効率化出来る部分の効率化は図っていかないとなぁ、と思います

また、僕はあまりやっていない「士業」の仕事でも、これらは結構使えるのではないかと推察しています

特に士業事務所って、零細のところ多いですからねぇ・・・それでいて、お客様とのやり取りそれなりに多いですし・・・

(でも、士業の事務所って全体的にはこういうものに対する動きって遅めだったりします

最近は柔軟に取り入れる方も増えてきましたが


便利な裏に、当然一種の危なさもあると思います

サーバーがダウンして全データが消えてしまう、とか(笑)(他にも色々ありますが・・・(^^;

このあたりについては、うちの事務所では、こまめにバックアップを取るとか、紙でも持っておくとか、そういうちょっとした「手間」を忘れないようにしています


・・・まぁ何が言いたかったのかというと、正しい用法用量をよく守って、使えるものは何でも使え精神でいきましょうよ、ということです

食べず嫌いせず、一度使ってみようよ、と

食べてやっぱり嫌いなら、もう一生使わなくていい自由くらいはこの国にはあるんですしね


・・・こういう考えって、やっぱこういうものを”いじくり倒す”のが大好きな僕特有の考え方なんでしょうかねぇ?(笑)


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

tag : Evernote RememberTheMilk メモ タスク 管理 中小企業 零細 士業事務所

【響く言葉を紡ぐ】

こんにちは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

今晩はちょっと更新できなさそうなので、昼間のうちに更新(笑)

短文でも気軽に思いついたときに更新できるTwitterやFacebook

それらとは異なり、ある程度の思考を頭の中に張り巡らせ、自身の思いや考えを綴るブログや日記というものは、やはり一旦更新を途絶えさせてしまうと以前のペースを取り戻すのは難しいなぁと実感しています(苦笑)


両者とも、それぞれに秀でているところと劣っているところがあります

「どちらが良い」という訳ではありません

TwitterやFacebookは、短い言葉で大まかな意図を伝えたり、相手の心に瞬間的に入り込む言葉を発する”練習”に

逆にブログや日記というものは、論理的に組み立てて説明することや、相手の心にじわっと響かせる言葉を紡ぐ”練習”になります


瞬間的なこと、ゆっくりとしたこと、その両者ともに、人生にとても大切なことだと思います

「情報の伝達」のスピードが格段に増したこともあるでしょうか、それともビジネスや流行の変遷のスピードが上がっているということもあるでしょうか、昨今は「瞬間的なこと」にスポットライトが当たりがちなのかな、と僕は感じています

そんな中でも、「心にじわっと効いてくること」も大切であるということ、忘れたくないなぁ・・・

人生においても、ビジネスにおいても、です


僕も、少しでも「じわっと響かせる言葉を紡ぐことができる」人間になれるよう、人としてもっともっと成長していくと同時に、この場で伝える”練習”もコツコツ続けていきたいと思っています


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

tag : Twitter Facebook ブログ 日記 瞬間的 響く言葉

【興奮覚めやらぬ中の更新(笑)】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

サッカー日本代表の決勝進出の興奮覚めやらぬ夜の密かな更新です(笑)

今日は鹿島アントラーズ現・前所属の選手たち(内田、岩政、伊野波、本田拓)が全員出場

さらにそれでいて最終的に勝利を掴んだということで、本当に幸せであります

日本代表チームとしては色々と修正すべき点も見えましたが、「勝てた」という結果については、大いに喜びはしゃぎたいと思います


それにしても・・・審判の判定基準がアレなおかげで、一つ間違えれば荒れて壊れてしまいそうな試合だったにも関わらず、気持ちを切らさずに最後まできっちりプレーし続けた両チームは、本当に素晴らしいと思います

韓国代表チーム、敵ながらあっぱれ

特にフィジカルの強さが目立っていましたね

そんな韓国代表に対し、体を張って、最後は気持ちで粘りに粘りまくって耐え切った日本代表もすごかった

日本サッカー史、そして、アジアサッカー史に残る名勝負だったと思います


決勝はやはりオーストラリアと当たることになるでしょうか・・・?

どこが来ても勝って、優勝を掴んでくれるものと心から期待しています

頑張れ!ニッポン!


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 鹿島アントラーズ
genre : スポーツ

tag : サッカー 日本代表 韓国代表 アジアカップ 鹿島アントラーズ 伊野波雅彦 岩政大樹 内田篤人 本田拓也

【”不遇の時代”・・・伊野波選手のゴールに思う】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

今日は土曜日なので、ちょっと閑話を


サッカーのアジアカップ、皆様はご覧になられてますでしょうか?

僕は・・・思いっきり見ています(笑)

元々サッカーが好きということもありますが、今回はさらに、応援している鹿島アントラーズから、(元鹿島の)内田篤人選手はもちろんのこと、現所属の岩政大樹選手と伊野波雅彦選手が招集されているためいつも以上に熱心に見ています


先日の試合に伊野波選手が途中から出場した時には、それだけでも歓喜していたものですが・・・

今日の試合では、伊野波選手が先発し、岩政選手も吉田選手の退場から出場の機会を得、出場しただけでなく、両者ともしっかり”仕事”をこなしてきた・・・

”鹿島クラスタ”にとって、こんなに嬉しいことはありません


特に、伊野波選手の決勝ゴールには感激もひとしおでした

一般的な印象は「地味」で、マスコミからスポットライトを当てられることも少なく、だからでしょうか、鹿島でも、代表でも、「力はあるのに使ってもらえない」不遇の時代を経験している伊野波選手・・・

それでも、そのことをクラブや監督、他の選手のせいにしたりせず、決して腐らず、自分のやるべきことが何か、どうすればチームに貢献できるかをしっかり見つめ、トレーニングに励んできた彼

そんな彼を見ていると、サッカープレイヤーとしてだけではなく、人としても素晴らしい選手だと思わずにいられないのです


ちなみに、彼はディフェンスに関係するポジションならどこでもこなせるという、ユーティリティ性(適応性)を持っています

これはその不遇の時代に、「どうすればいいか?」を自分なりに考え、少しでも出場しチームに貢献できる方法を考えた結果、「ディフェンスのポジションを全てこなせるようになれば貢献できるのではないかと」考えた・・・

そして、そのような練習をきちんと行なってきたから、できるようになったのです

まさに、腐らない精神が生んだ、伊野波選手にしかない特筆すべき力

そんな彼を最高にかっこいいと思うのは、僕だけでしょうか?


苦しい時こそ、人としての真価が問われ、人としての進化ができる・・・

人生、長く生きてりゃそりゃあ理不尽なこともそれなりにありますが、それでも腐らずにやってたら、ちゃんとやってた分は自分の”身”になります

そして何より、そんな中でも見てる人はちゃんと見てくれている・・・

僕はそう信じています


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 頑張りまっしょい!
genre : ビジネス

tag : サッカー日本代表 アジアカップ 鹿島アントラーズ 伊野波雅彦 岩政大樹 内田篤人 不遇の時代 真価

【事務所に篭ってます】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

我が事務所では昨日から延々と、著作権関係の検討作業を行なっております

ざっくり言うと、著作権と所有権(使用収益権)の関係のお話です

非常に微妙な問題で、判例はあるにはあるのですが、突っ込みどころがなきにしもあらずということや、反対の説などもある・・・

当然、「法令」という形で規定されているものはありません(^^;

「うーん、どうしたものかなぁ・・・」というところが正直なところ・・・うぬぬ、白髪が増えそうだ・・・(笑)


TS3B0277.jpg


細かい文字ばかり読んでいると目がチカチカしてきた(笑)ので、チョコのお菓子とともにコーヒーブレイク

・・・しながら、でもやっぱり頭の中では仕事(別件の事業ディレクションについて)のことを考えてしまう僕であります(笑)


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 著作権 所有権 使用収益

【自社メディアとブランディング】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

遅蒔きながら、「ツイートボタン」と「イイネボタン」をブログに設置してみました

ブログ・メルマガに始まり、TwitterにFacebook・・・

小さな事業者や個々人が「自らのメディア」を持てる時代になってき、また、その媒体が進化してきた中で、これらをどのように使いこなしていくかはとても重要なことだと思います


ちなみに、たまに「ブログやメルマガの時代は終わった」とおっしゃる方もおられるのですが、僕は決してそんなことはないと思います

最近はブログやメルマガから、より手軽に更新できるTwitterやFacebookへという流れになっていますが、だからといって「ブログ」や「メルマガ」が全く使えないものになってしまうということにはならないのではないでしょうか?

実際、ホリエモン(堀江貴文氏)や、ノムさん(野村克也氏)が最近有料メルマガを発行するようになりましたが、結構な会員数を集めておられます

「有名人だからそんなことできるんじゃないの?」という声も聞こえてきそうですが、魅力的なコンテンツを読者に提供でき、またそれを継続できるのであれば、有名無名はそれほど関係ないのではないかと思います

「事業体の戦略に鑑み、アプローチの媒体としてそれが適切であるかどうか?」そして、「提供する際の内容の質の高さと継続性を保っていくことができるか?」の2点に合致するならば、どんどん利用すべきだと考えます


小さな事業者が自身をブランディングしやすい環境になってきたからこそ、その点に対する意識はこれまで以上に高める必要があると思います

「素晴らしい商品やサービスを提供すること(社内の保有戦力を充実すること)」と、「それを上手く潜在顧客の皆様にアピールすること」は、両方あってこそ「儲ける事業者」になることができます

これは「足し算」ではなく、「掛け算」の関係です

どちらが欠けてもいけません

「戦力の充実(対社内の事項の充実)」と、「戦力の活用(対社外の事項の充実)」、両方のバランスを考え、事業全体を見渡していただければと思います


ちなみに、うちの事務所が行っているサービスは前者のサポート

今後は前者の研究と共に、後者についても色々と研究し、お客様にご提供させていただけるようになりたいと思っております


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : ツイートボタン イイねボタン ブログ メルマガ Twitter Facebook メディア ブランディング

【「変化」と「堅持」】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

明らかに風邪気味の中、「これは決して風邪ではない、冷えのぼせだ!」と自分自身に言い聞かせながら執筆しております(笑)


さて、今日も色々な事業体様の展開面や法務面について検討作業を行っていたのですが、そんな中でふと気付いたことがありました

それは、「事務所のキャッチフレーズが、今やっている事業の実態に合わなくなってきた」ということ

うちの事務所では現在、

「そのアイデアを、カタチに。」

というフレーズを事務所の紹介に使っています

しかし、ここ最近うちの事務所がやっていることは、「アイデアを形にする」サポートというよりは、「事業を安定させる」だとか、「長期的に見て事業体にとってベター(or ベスト)なことを行う」だとか、そういうことのサポートです

時が経つにつれパートナー様達から求められる役割が変化してき、そのためにそれに合わせて使うキャッチフレーズも修正する必要が出てきたということですね


ただ、この「キャッチフレーズ」というのは、「経営理念」ではないということは皆様に知っておいていただきたいです

うちの経営理念は、事業開始当時から全く変わらず、

「”Mastery for service”を実践し、人の夢、人の目標の達成に尽力することで、社会の一員として責任を果たし、これに貢献する」

というもの(このブログのプロフィール欄に書いてあるものです)

全然”キャッチー”ではありませんが、この姿勢だけはずっと一貫して取り続けてきたつもりですし、今後もこの姿勢を崩すつもりはありません

こういった、「経営理念(=事業体の存在意義)」や、「事業の考え方」、「事業体の文化」などは、よほどのことがないと変えてはならないものだと思います


時が経ち、状況が変化していく中で、現状に合わせて変えていかなければならないもの、逆に、めったに変えてはならないもの・・・

このあたりを見誤ると、とんでもないことになってしまいます

ですので、皆様も、何かしら「変えよう!」ということが出てきた時にはぜひ、

「その本質はなんなのか?」
「変えなければならないことか、それとも別のところに原因があるのか?」

ということについて、一度考えるようにしていただければと思います


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 事業 キャッチフレーズ 経営理念 変化 堅持 本質

【PC周りのリスク対策の必要性を感じた一日】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

昨日の宣言通り、今日は事務所に篭って先週末から今週始めまでの”怒涛の打ち合わせ期間”のまとめや検討を行いました

じっくりと検討する時間が取れて良かった良かった

おしまい


・・・とは残念ながらなりません(涙)

ここ最近調子の悪かったFirefoxが、とうとう「アドオンが全く反応しなくなる」というそれなりに深刻な状況に陥ってしまったのです

Googleで調べても全く出て来ない、八方塞がりな状況に陥りました(類似の事例すら出てきませんでした(汗))

色々手を施しても回復しない・・・

結局、一度アンインストールしてから再インストールしたところ、快調に動き出しました

とりあえず一安心


・・・だったのですが、Dropboxで同期設定をするとまた動かなくなる

DropboxのFirefoxに関するデータを全て消去してから再び入れなおし、同期し直してみたところ、ようやく通常動作するようになりました

ちょっと原因の究明までは出来ていないのですが、状況から見ておそらくはそのあたりではないかと考えられます


普段から、「Googleが止まれば、事務所の全機能が停止する」と冗談で言っているのですが、今日はそれに近い状況を初めて味わうことになりました・・・

冗談じゃなく、このあたりのリスク管理も絶対必要なことだな・・・と身を持って感じております

すぐに全てとはいきませんが、Google一辺倒で預けてある情報のバックアップも徐々に行っていきます・・・


P.S.同じ症状が出たことがある方や、根本的な解決策をご存じの方がおられましたら、ぜひ一声おかけいただけると嬉しいです


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : Firefox アドオン アンインストール 再インストール Dropbox 同期 Google バックアップ リスク管理

【怒涛の週末&週始め】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

金曜土曜と更新できずにすいません(^^;

打ち合わせが夜にあり、帰ってくるのが遅くなると、なかなか更新が億劫になってしまうものですね・・・(苦笑)


先週末から今日にかけて、金曜、土曜、月曜と、3営業日連続でいろいろなことがありました

未知なお話、その事業体のアイデンティティに関わる考えが発出したお話、そして、新しいお話・・・

いろんなところからいろんなお話が飛び込んでくる、ありがたい週末・週始めとなりました

打ち合わせに次ぐ打ち合わせであったことと、その中で出てきたことや決まったことがなかなか大きなものが多かったため、まだゆっくり時間を取って検討できていませんが・・・

明日は夜まで人に会う予定がないので、ちょっとそれぞれのお話をじっくり考える時間を持ちたいと思っています


・・・という訳で、明日は事務所に籠ります(笑)


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

【企業間の価値観や文化の相違】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

今日は事務所で検討作業中に、某会社の代表の方とGmailチャットで色々とお話をしました

ちょっとした「事業観」というか、「経営観」というか、そういうものも少しお話したのですが、お互いに似ているところ、それぞれで異なるところ、色々な捉え方があって、とても面白かったです


色々な方と事業を「一緒にやらせていただく」者としては、そういうところをきちんと伝え合い、お互いに理解することがとても大事だと思っています

時には異なる部分について徹底的に議論し尽くし、擦り合わせるところはきちんと擦り合わせる

短時間で理解しあわなければならないモノもありますが、こういう「根っこの部分」というのはやはり、ある程度長い時間をかけて醸成していく必要があると思います


また、少し話はそれますが、「意見が真っ二つに割れたとき」のことも考えておくべきです

うちの場合はあくまで「パートナーとして一緒にやらせていただく」ということでやっておりますので、そのあたりは最初から明確です(当然、パートナー様達にその最終決定権があります)

しかし、対等な関係の2社間でのプロジェクトの場合や、2つの企業が合併する場合などには、そのような場合にどのようにするのかをきちんと最初の時点できちんと決めておかなければ、前に進むことも後ろに引き返すこともできず、下手すると(下手しなくても?)空中分解することになってしまいます


2つ以上の組織が組み合わさる場合において一番大切なことは、「その融合で生まれる力をプラスのエネルギーへ変える」こと

それには、それぞれの組織が持つ「価値観」や「文化」を理解し合い、尊重し合うことがまず第一です

そして、それぞれの権限や役割を明確にすること

最初に「話しづらい話」をしておくと、後々になって自分たちの身を助けることになります


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 事業観 経営観 組織 融合 価値観 文化 権限 役割

【”本物”のラッキーと”見せかけ”のラッキー】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

今日は某事業に「ラッキー」なお話が次々と飛び込んでくる、不思議な一日でした

事業をやっていると、年に1日か2日くらいはこういう日があるんですよね

・・・まだ2011年始まって2週間くらいなのに、ここで運を全部使いきってしまってないか若干心配しています(笑)


さて、この「ラッキー」なんですが、全部が全部”本物”だと思っていたりしませんか?

実は、その中にそれなりの確率で「ラッキーに見える、ものすごく大きな落とし穴」という、「”見かけだけの”ラッキー」が潜んでいます

引っかかってしまうと、致命的な傷を作ってしまうことになりかねません

「致命的な傷」とは、例えば事業で言うと、自社が望まない形で支配されてしまったり、それまでに築き上げてきた信用や信頼を失ったり・・・などといったことが挙げられます

よって「本物」と「見かけだけ」をきちんと「見分ける目」が非常に重要となります


見分ける際の考え方としては、まずは以下の3点を冷静に考えるという方法が良いと思います

1,その話を深く、そして細かく聞いても、その全体に矛盾がない
2,自社の「軸」と照らし合わせ、必要な物事である
3,自社の「軸」を揺さぶるものでない

この3点全てを満たしているからといって100%「本物」であると断言できる訳ではありません

しかし、少なくともこれら全てを満たしていない場合は、「見かけだけ」の確率がグッと高まります

ですので、その場合にはより注意深く慎重に構え、行動を決定すべきです

(決して、「踏み込んではならない」と言っている訳ではなく、「踏み込む時には相応の注意をしてほしい」という意図で言っています)


「ラッキー」が降ってくると、心が前のめりになり、ついつい冷静に考えることを忘れてしまいがちになります

こういうときは、普段以上に「短期的な視点」よりも「長期的な視点」から見て物事を判断していただきたいです


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : ラッキー 本物 見せかけ 見分け方 冷静 視点

【「株式」と「社債」と「銀行借入」】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

検討作業のほうが一旦落ち着いたんで、深夜ではありますが更新しておこうと思います


さて、昨日は株式会社の設立関係でご相談をいただき、打ち合わせに行ってきまいりました

なんでも、自己資金が不足しているので、日本政策金融公庫で融資を受けることを念頭に株式会社を設立したいとのこと

自己資金があまりにも少ないと希望融資額が満額出ないことがある旨をお伝えしたところ、それならば一人ひとりからは小口で、そしてたくさんの方から資金を募るという方法を取れればそうしたい、というご要望でした


株式会社が資金を集めるには、大まかに、

1,株式
2,社債(少人数私募債)
3,銀行借入

の3種類が挙げられます


1の株式とは、

「均一的に細分化された割合的単位の形をとる株式会社の社員たる地位」

のことを言います

簡単に言うと、「株式会社の所有者(=オーナー)であるという権利を表すもの」って感じです


2の社債は、会社が発行する「債券」のこと・・・いわゆる「会社の借金」です

株式会社が社債を発行するということは、社債を購入した方から直接お金を借りることを意味します

3の銀行借入も社債と同じく「会社の借金」なのですが、人から直接お金を借りるのであなく、色々な方が金融機関(銀行や信用金庫など)に預けた預金から借りる、いわゆる「間接金融」だという点が大きく異なる点です


この3つには、ざっくり、

【株式】

・株式で集めたお金は「出資金(自己資本)」となる
→企業は株主に対して返済の義務なし・利益が出たときに配当という形で報いる

・株主は会社の所有者(オーナー)となる
→株主は会社の経営について、原則的に一定の権限を持つ

【社債や銀行借入】

・社債や銀行借入で集めたお金は「負債」となる
→企業は社債の所有者に対して返済の義務あり

・社債権者などは会社の債権者(お金を貸した人)である
→社債権者などは会社の経営について権限を持たない

という点に違いがあります

それぞれにメリットとデメリットがあるため、「どれを用いて資金調達するか?」というよりは、「それぞれをどのように組み合わせて用いて資金調達するか?」が大事なのです

(ちなみに余談ですが、個人的には、最初からたくさんの方から広く株式出資を募るということはなるべく避けた方がよいのではないかと考えます

その理由はまたどこかいいタイミングがあればその時にでもお伝えできればと思っています


今回ご相談いただいた方にもそのあたりのご説明をさせていただき、一度お持ち帰りいただいて再度ご検討いただくということになりました

事業立ち上げ期には企画や経営のお話だけでなく、こういった手続き面でのお話も検討しなければならず、本当に大変な時期だよなぁとつくづく感じます

法務&行政手続きディレクションサービスの方では、少しでもその部分の負担を軽くできればと思いながら、毎度お仕事させていただいております・・・


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 行政書士
genre : ビジネス

tag : 株式会社 設立 自己資金 株式 社債 借入 出資 調達

【久々に法務系の検討!】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

今日は久々に事業のディレクションの仕事ではなく、法務のディレクションの仕事をしておりました

最近事業のディレクションのお仕事が大半で、ほとんどこちらの仕事はしていなかったので、密かに”勘”を戻すのに必死だったりします(笑)


両者とも基本的に「論理的に粛々と考えていく」という点に変わりはないのですが、粛々と考えるアプローチが少し違うのかな、と思います


事業のディレクションの方は、すごくざっくり言うと、

自身の現時点での理想の地点を定める

↓↓↓

そこに対し今の自分自身がどのあたりにいるのかを適切に把握する

↓↓↓

「その間を埋めるためにはどうするのか?」を、「こちら側」と「向こう側」の両方から考える

というステップを踏みます


対して法務のディレクションは、

問題となる事柄に関しどのあたりに法令やコンプライアンスに関わる部分が存在するのかを把握する

↓↓↓

それに対して法令等でどのような手当がなされているのかを調べる

↓↓↓

その事柄に対しどのように対処すれば良いのかを検討していく

というアプローチを行います

法令の具体的な細かい中身までは知らずとも、「あ、これってたぶん〇〇法に関係するよな」と気付く力、そして、気付くための知識量がとても重要になると考えます


”正解”が存在しない事業ディレクション、ある程度の”正解”のある法務ディレクション、それぞれに楽しいところと、難しいところがありますね

「どっちがやっててより楽しい?」と聞かれたら・・・

・・・ここでは答えづらいので書きませんが、また興味のある方は僕に直接聞いていただければと思います(笑)


あ、ちなみに、法務関係のアプローチは誰に習ったとかでもないので、他の士業の方もこのようにやっているのかどうかは全く分かりません(^^;

「そのやり方は良くないよ」だとか、「もっといい方法があるよ」だとかということが分かる方がおられましたら、ぜひ僕の方までご教示いただけますとありがたいです


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 行政書士
genre : ビジネス

tag : 法務 ディレクション アプローチ 法令 知識

【メルマガ発行は当分しません(苦笑)】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

先ほど某事業パートナー様から、「ブログで書いているようなことをメルマガを始めてそっちにも書けばいいのに・・・」というお言葉をいただきました

そういうお言葉をいただけるというのはとても嬉しいことです

本当にありがとうございます


思えば、ブログを始めた当初は日常に起こった出来事をただつらつらと書いていただけでした

今読み返してみると、「なんでこんな事を書いたんだろう・・・?」と思う記事ばかり(笑)

そんな中でブログのスタイルが変化したのはちょうどほぼ1年ほど前のことです

行政書士事業の縮小と、ディレクション系事業の拡大という事務所の事業戦略の転換をした時が、今のブログのスタイルが定着し始めるキッカケでした

来る日も来る日も、お会いする方からいただくのは「事業ディレクションって、どんなことをしてるん?」というお言葉・・・

これは僕がどのようなことを行っているのかを知っていただく場が必要だな、と思いました(笑)

で、それならばブログの記事にして皆様に見ていただければ少しはイメージを持っていただけるかなと思い、今のスタイルの”原型”ができたという訳です

気付けばいつの間にか、自分自身の価値観や考え方から、事業体の組み立て方や運営の仕方まで様々なことを書くようになっていました


そして昨年の後半からは、ブログの記事とはいえ、どうせ”何か”を伝えるのならば、ご覧くださっている皆様に少しでも”何らかのモノ”を持って帰っていただければということは意識して書くようにしております

少しは皆様のお役に立てる記事を書けるようになりましたでしょうか?

今後も、そういう記事を書こうという意識は常に持っていようと思っておりますし、意識するだけでなく、実際に皆様に持って帰っていただける「おみやげ」をどんどん書いていけるよう努力したいと思っております


・・・とりあえずメルマガの発行の方は、ネタをそこまで持っている訳ではなく、ブログを書くだけでも精一杯だったりするので、今すぐにという訳にはいきませんが・・・

そのうちネタがありあまって仕方ない状況になったら始めてみようかと思います(笑)


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

tag : ブログ メルマガ 記事 伝える 「おみやげ」

【負けに不思議の負けなし、勝ちに不思議の勝ちあり】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

ふとしたことから自身の座右の銘の一つである、野村克也氏の座右の銘「負けに不思議の負けなし、勝ちに不思議の勝ちあり」という言葉を改めて思い返しました

(ちなみに、野村克也氏自身の言葉ではなく、出所は『松浦静山』だそうです


人間、「負け」た時は「運」のせいにしてしまいたくなるもの

・・・が、残念ながら「負け」は「運」で決まるものではなく、必ず自身に原因がある

また、「勝つ」時は、「幸運にも勝てた、ラッキー」ということが往々にして起こる

・・・が、これも「ただ運が良かった」だけなのではなく、「適切な準備」を怠らずに行なってきたおかげで、巡ってきた幸運をきっちり掴みきることができたのである

という意味であると理解しております


これは、事業における「適切な準備」をディレクションする者として、決して忘れてはいけないことだと思います

「勝ち」も「負け」も、結果を真摯に受け止め、「次の準備」を怠らずに行う・・・

明日からも変わることなく、パートナー様達がしっかり「勝つ」ための準備に勤しみます


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 負けに不思議の負けなし、勝ちに不思議の勝ちあり 野村克也 松浦静山 準備 事業

【「目標」を立てる前に・・・】

こんばんは”喜怒哀楽を共にする”事業サポーティングパートナー、新田です

本日は事務所の新年の営業初日でしたが、早速午前から長めの打ち合わせが1件あり、新年一発目ということもあったため、事業の2011年のおおまかな構想について話し合ってまいりました

ちょうどそういう打ち合わせをしてきたところなので、巷では「目標が云々」だとか、「抱負が云々」だとか、そういう記事が多いみたいですが、本記事では「新年に考えたいこと」をちょっと別の視点から述べてみようと思います


今日の打ち合わせで行ったことは、事業体のアイデンティティの確認と、それを踏まえて2011年どのように動いていくかの検討と確認

思うに、事業体のアイデンティティや、思い、中長期の展望、そして守らなければならないこと・・・などといったことを定期的に確認することって、結構大事だと考えます

なぜなら、それらが事業の「芯」や「軸」になるものだからです

「芯」や「軸」がブレると、蓄積すべきノウハウが必要以上に膨れ上がったり、必要なリソースの幅が広くなりすぎてしまい、身の丈に合った効率性や生産性の高い動きができなくなったりします

特に、「〇〇(自分の事業体名)とはなんぞや?」という至極シンプルな点はとても大切

これは言い換えると、『「誰に対して」「何を与えたいのか」?』ということです

誰に対して何を与える・・・これがしっかりと持てて初めて、「では、そのために具体的にどんなことをするか?」ということが明確にできるのです


色々と活動をしている中で、色々なことを考えて、色々な話が入ってきて・・・ということを繰り返しているうちに、無意識にこういった部分はブレがち・忘れがちになってしまうものです

そんな時に、「自分がなんのためにビジネスをしているのか?」「自分が本当にやりたいことはなんなのか?」そして、「その事業で目指しているレベルはどんなものなのか?」ということを、頭の中でクールに整理し、心の中で熱く思い出しておくことが、ブレずに事業を行っていく秘訣です

もちろん、時が経ったり、動いているうちに、当初思っていたことが変わってくることがあるのは当然です

そういう時には、適宜修正を施すなどして、自身の立場をハッキリさせればOK


ぜひ皆様も、「今年の目標」を考える前に、「自分の事業の”これまで”と”これから”」をちょっとだけ確認・想像してみてください

きっと、よりよい「目標」が立てられるようになるはずです


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 新年 事業 アイデンティティ 目標

【本日より営業開始です】

あけましておめでとうございます

大阪の行政書士、新田です

旧年中は格別のご愛顧をいただきまして誠にありがとうございます

新田行政書士事務所は、本日1月5日より新年の営業を開始致します

2011年も、「事業」を通して夢や目標へ向かう皆様を、そのディレクションを行うことにより縁の下からしっかり支えていく所存です

当ブログも、僕自身のプライベートなネタも入れながら更新頻度を増やしていきたいと思っておりますので、事務所・ブログ共々、本年も変わらぬご愛顧のほどいただけますと幸いにございます

それでは皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します

【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタンB!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 新年 2011年 営業開始

バックリンクチェッカー

プロフィール

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。