スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

ブロガーの皆様、お気をつけください!

ご訪問ありがとうございます。大阪阿倍野の行政書士、ヌピこと新田孝博ですちゃお★

ブロガーやホームページ等をお持ちの方はお気をつけください!

18日午前0時より、特定の政党や候補者、政策などを応援するような事や、批判などを書く事が”リスキーなこと”になります。

それは、公職選挙法が立候補者だけでなく、私達個人にも適用されうるためです。

公職選挙法においては、選挙ごとに使える文書が決められています。

--------------------
公職選挙法第142条 

衆議院(比例代表選出)議員の選挙以外の選挙においては、選挙運動のために使用する文書図画は、次の各号に規定する通常葉書並びに第1号から第3号まで及び第5号から第7号までに規定するビラのほかは、頒布することができない。この場合において、ビラについては、散布することができない。

1.衆議院(小選挙区選出)議員の選挙にあつては、候補者1人について、通常葉書 35000枚、当該選挙に関する事務を管理する選挙管理委員会に届け出た2種類以内のビラ 7万枚

(2項以下省略)
--------------------

ブログやHPは「文書」と考えられますから、投票依頼などの書き込みはこの142条違反になってしまいます。

=個人が特定の政党や候補者、政策を応援するための記事を書いたり、逆に批判するための記事を書くことは、「投票を促す文章を散布した」ということになる可能性があります。


この公職選挙法、インターネットがここまで発達した現代にも関わらずこのような規定になっているということが、現況に即していないのではないか?という疑問が随所であがっています。

僕も、そのように思います。

国民の政治参加を謳いながら、その機会を妨げている(可能性のある)公職選挙法ってどうなんだろう・・・?

今回の選挙はやむを得ませんが、次回以降の選挙ではこの「選挙とインターネットの関係性」について一考し、適切な制度設計を行っていってほしいと強く思っています。


とりあえずブロガーの皆様、この「法定外文書等を頒布・掲示した場合」で検挙されると、二年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処せられますので、ぜひともお気をつけくださいませね★


・・・久々に行政書士らしい記事を書いたような気がするなぁ・・・^^;笑

大阪阿倍野の著作権・知的財産権活用サポート
新田行政書士事務所
B!

theme : お知らせ
genre : その他

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。