スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【派遣?請負?】

派遣?請負?そんなんどっちでもえぇやん!

人間大事なのはノリや、ノリ!!!

…という訳にいかないのが法律というものです(笑)


------------------------------
【パナソニック系の「偽装請負」認定 最高裁、直接雇用義務は認めず】
------------------------------


「派遣契約?請負契約?どこがちゃうねん!?」という方が圧倒的に多いのではないかと思います。

という訳で、少しだけ時間をいただいて簡単に説明させていただきますと、

・派遣契約=自社(派遣元)の社員が相手(派遣先)の指揮命令で仕事をする契約

・請負契約=請負元が自社の社員に対して指揮命令をし、請負先の仕事をする契約

といった感じです。

(分かりやすく説明するのも難しいです・・・力不足で申し訳ありません(^^;苦笑)


・・・で、今回の場合は、裁判所が「社員を派遣先(工場)の指揮命令で働かせることができる契約だった(=請負ではない!)」という判断をしたみたいですね。


偽装請負といわれるのではなく、請負事業と判断されるためには、たくさんの厳格な要件を満たさなければなりません。

なので、請負事業といいながら、労働者派遣事業といわざるをえない事業も少なからず存在しています。

ちなみに、派遣契約である場合には、「労働者派遣法」という法律でその内容が規制されることになっています。

(1月からの通常国会でこの「労働者派遣法」を改正し、規制を強めるという動きが具体化しているようです。

人材派遣会社の皆様や、派遣労働者を雇用されておられる企業の皆様は、この動向は要チェックです!)


しっかしこの「請負契約」というもの、他にも「委任契約」や、場合によっては「売買契約」と混同されてしまうような契約類型で、ちょっと民法をかじってみないとどのような契約類型なのかよく分らないんですよね~(^^;

これらを組み合わせたような新しい契約類型もどんどん生み出されていますし…

何がOKで何がNGなのか…「企業法務」も日々進化していかねばなりません!

日々勉強、日々進化です★


著作権・知的財産権・知的資産活用サポート
新田行政書士事務所

B!

theme : 行政書士
genre : ビジネス

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。