スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【企業間の価値観や文化の相違】

こんばんは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

今日は事務所で検討作業中に、某会社の代表の方とGmailチャットで色々とお話をしました

ちょっとした「事業観」というか、「経営観」というか、そういうものも少しお話したのですが、お互いに似ているところ、それぞれで異なるところ、色々な捉え方があって、とても面白かったです


色々な方と事業を「一緒にやらせていただく」者としては、そういうところをきちんと伝え合い、お互いに理解することがとても大事だと思っています

時には異なる部分について徹底的に議論し尽くし、擦り合わせるところはきちんと擦り合わせる

短時間で理解しあわなければならないモノもありますが、こういう「根っこの部分」というのはやはり、ある程度長い時間をかけて醸成していく必要があると思います


また、少し話はそれますが、「意見が真っ二つに割れたとき」のことも考えておくべきです

うちの場合はあくまで「パートナーとして一緒にやらせていただく」ということでやっておりますので、そのあたりは最初から明確です(当然、パートナー様達にその最終決定権があります)

しかし、対等な関係の2社間でのプロジェクトの場合や、2つの企業が合併する場合などには、そのような場合にどのようにするのかをきちんと最初の時点できちんと決めておかなければ、前に進むことも後ろに引き返すこともできず、下手すると(下手しなくても?)空中分解することになってしまいます


2つ以上の組織が組み合わさる場合において一番大切なことは、「その融合で生まれる力をプラスのエネルギーへ変える」こと

それには、それぞれの組織が持つ「価値観」や「文化」を理解し合い、尊重し合うことがまず第一です

そして、それぞれの権限や役割を明確にすること

最初に「話しづらい話」をしておくと、後々になって自分たちの身を助けることになります


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタン B!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 事業観 経営観 組織 融合 価値観 文化 権限 役割

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。