スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【今月の言葉 01/11'】

------------------------------
行動にはつねに動機があり、目的がある。
動機が正義であり、目的が善であって、
その行動だけが悪だということは、人間にはありえない。

by 本田 宗一郎(本田技研工業創業者)
------------------------------

こんにちは”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田行政書士事務所の新田です

早いもので、今日でもう2011年も12分の1が終わってしまいますね

時間の有限性と、大切さを、肌で感じる今日この頃です


さて、「今月の言葉」は、本田宗一郎氏の言葉から


そう、行動には常に、動機や、目的があるんです

「大切な人を幸せにしたい」「そのためにはある程度のお金を稼ぐ必要がある」から、「仕事をする」

「体を動かして楽しみたい」から、「趣味のサッカーをする」


個人と同じく、事業においても同じことが言えると思います


「ニーズ」というのは、「誰かが困っている」ということ

それに対する「答え」を用意し、提供していくことで、お金をいただくというののが事業というものです

だから、自分の考える「困っていること」に対して「答え」を考え、「応えていく」という目的が、「事業」というものにはあるのです

そして、その動機が「困っていること」に対する「答え」を出したいということである以上は、その行動に「悪」な選択をすることは自然と極めて少なくなるもの

(まぁ本来は、何が「善」で何を「悪」とするか定義しなければならないところですが、これは長くなるのでこの場では割愛させていただきます(^^;)


ちなみにちょっと余談となりますが、「誰が」「何に困っていて」「どうしてほしいと思っているだろうか」という3点に対し、ブレずにチャレンジし続けることはブランドを築くという観点においてもとても大切です

ブレずに継続し、その事業体イメージと必要ノウハウを蓄積してきた者だけが、「ブランド」を手に入れることができるためです

Appleしかり、スターバックスしかり、パナソニックしかり・・・


また、この点を明確にするということは、チームビルディングにおいても極めて重要なこととなります

「ブレない軸」を持つか持たないかで、チーム内の「意見の相違」をどのように解決するか、そして導きだされたものがチームメンバー全員が理解できるか、といった部分で大きな違いをもたらすからです


苦しい時期があったとしても、事業体の取る立場にブレがないということは、中長期的な成長と将来の繁栄のために絶対的に必要なことだと考えます

どうしても低く、そして狭まりがちになってしまう「視野」というものを、出来る限り高い位置から、そして幅広くということを意識していただければと思います


・・・最終的に最初のお話からだいぶかけ離れてしまった・・・ちと反省(笑)


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

blogram投票ボタン B!

theme : 頑張りまっしょい!
genre : ビジネス

tag : 本田宗一郎 本田技研工業 行動 動機 目的

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。