スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【今月の言葉 03/11'】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

遅くなってしまいましたが、先月個人的に心に残った言葉をご紹介させていただこうと思います。


------------------------------
震災が残してくれたもの

やさしさ 思いやり 絆 仲間

by 『阪神淡路大震災 1.17希望の灯り 碑文』
------------------------------


未だに地震が頻発している状況で、そして、長い目で見れば、東海から西日本にかけても、いつ大きな地震が発生するかもしれないという状況にある現在の日本列島。

普通に考えても、日本列島に限らず、そして原因が地震に限ったことではありませんが、地球上のどこにいても(例え家の中にいても)”100%安全”ということはありえないと思います。

だから、「今、自分が生きている」「今、目の前にいる人が生きている」ということは、実はものすごいことではないかと思うのです。


人間は基本的に「自己中」な生物なのでしょうか、大きなネガティブな出来事(事故や天災など・・・)が起こらない限り、心の底から”何か”を思ったり、気をつけようと思ったり・・・などといったことはしなかったりするものです。

そして、大きな出来事があって初めて、「あの時少しでも心がけておけば・・・」だとか、「誰かの優しさ」や「誰かの思いやり」、そして、「絆」や「仲間」が自分のそばにいるのだということに気付くのではないでしょうか?


自身が毎日の日々を暮らしている国、日本。

そりゃあ正直、日本という国が”完璧”か?と言われれば決してそうではなく、むしろ文句の一つや二つくらい言いたくなることが日常茶飯事な国といってもいいかもしれないです(笑)

でも、日本という国には、1億2,000万人を超えるたくさんの優しい、思いやりのある、そして強い、『仲間』、『家族』がいます。

決して悲観的になる必要はないですし、悲観的になってはいけないと、僕は思います。


某CMで、男性の方が言っている言葉、僕も大いに同意見です。

「日本の力を、信じてる」。

きっと、日本の未来は明るいです。

そう信じて、仲間の優しさ、思いやり、絆を感じながら、今日も自分のすべきこと(=普段どおりの生活と、仕事)を粛々とこなしてまいりたいと思います。


そして、”いち経営者”として、事業を回すためには、少しでも多く社会に何かを還元できるようにするには、どうすればいいのかをしっかり意識してまいりたいと思います。


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所

B!

theme : 頑張りまっしょい!
genre : ビジネス

tag : やさしさ 思いやり 仲間

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。