スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【拙速至上主義の危険性】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

【「焦り」と上手に付き合う】という記事でもチラッと書きましたが、基本的に戦略書やビジネス書というものは「拙速」が好きだなぁ、という印象を持っています。「孫子」の影響でしょうかねぇ・・・。

たしかに孫子には、「兵は拙速なるを聞くも、いまだ巧久なるを睹ざるなり」との記述があります。

意訳すれば、「ゆっくり考えて機を逃すよりも、十分な準備が出来ていない状態でも兵を動かす方がよい」といった感じでしょうか。


額面通りに受け取れば、「準備不足でも打って出るべし!」となるのでしょうが、僕としては、ここは一旦冷静に考えたいと思うところです。

大切なことは「拙速」ではなく、この意図をどう読むかではないかと考えるためです。

きっと孫子が言いたかったのは、「費用対効果を考えよ」ということではないかと考えています。

費用対効果、ひいては状況や条件によって、「拙速」と「巧遅(=持久戦)」を使い分けるべきだということではないかと。


普遍に不変な戦略などありえません。

”戦略を組み立てる”とは、ざっくり言うと、「機(=タイミング)」を見て、「立地(=ポジショニング)」を決めるということです。

では、はたして、「いつでもどんな時でも拙速」というのが、「戦略を組み立てている」ということになるのでしょうか?


僕はそうは思いません。

状況や条件面を考えず、ひたすら「いつも拙速」というのは、”戦略”ではなく、ただの”ビジネス書の受け売り”だと思います。


世界の著名な経営者や起業家は皆「孫子」を勉強していると言いますが、”勉強”とは、「文章を知っている」ということでは決してありません。

彼らが行なったことは、「その意図を汲み取り」、「自分自身が物事を為す時に応用できるようになること」だと僕は思います。


”戦略を組み立てる”際、”ビジネス書の受け売り”をしてしまっていませんか?

自戒も込めて、ここにこうして覚え書きしておこうと思います。


ちなみに、「戦略」をテーマという訳ではありませんが、「組織」というテーマで書評ライターの大門聖史氏が面白い書評を以前書いていたので、ぜひそちらもお読みいただければと思います。

「不変に正しい組織構造など無い。状況に適しているかどうかだけだ/ドラッカー・チェンジリーダーの条件」


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 孫子 拙速 巧遅 持久戦 戦略 ビジネス書

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。