スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【戦う“土俵“は、いずこ?】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

先週の記事内で、自分が戦っているフィールド、「市場」の捉え方が重要だとチラッとお話しましたが、今日はその続きを。


・・・そう、自分がどの「フィールド」で戦っているかを自覚しておくことはとても大切なんです。


例えば”コ◯・コーラ”で考えてみましょう。

「コ◯・コーラ」って一言で言うとなんですか?と聞いたら、色々な答えが返ってくるはずです。

「コーラ」、「炭酸の飲み物」、もっと大まかに「飲み物」と答える方もおられるかもしれません。

いや、もっと大きく、「喉の渇きを潤すもの」だとか、「乾いた心を潤すもの」だとか、そう答える方もおられるかと思います。


実は、この質問に”答え”はありません。思い浮かべた”答え”のすべてが”正解”です。

でも、”戦略”を考える上では、この”答え”が大きな違いをもたらすことになってしまうので要注意なんです。


例えば、「飲み物(飲料水)」という「フィールド」で捉えれば「コ◯・コーラと南アル◯スの天然水」は顧客のシェアを争うライバルとなります。

ですが、「炭酸の飲み物(炭酸飲料)」という「フィールド」で捉えればそうではないということになります。


そしてそこから考えられる戦略ですが、前者で考えれば、ライバルがたくさんいる中で、どのように存在感を示すことができるかを考えなければなりません。

それが後者になると、主なライバルである「ペ◯シ」との1対1にどう勝つか?ということがメインテーマになるはずです。

(実際には他にもコーラ飲料があり、それらに関する検討も必要なのですが、ここでは便宜上、”圧倒的な力を持つ2強”という設定でお話しております。)


・・・といった感じで、自社が戦う場所をハッキリさせなければ、本来は「戦略」を考えることなどできないはずなんですね(^^;

ですので、戦略を考える際にはぜひ、自社がどのようなフィールドで戦っているのか(戦うのか)をまず最初に確定していただければと思います。


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 市場 フィールド 戦略 シェア

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。