スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【売上が上がるほどしんどくなる?】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

経営者、事業者というものは、どうしても「目の前の売上」「営業(販売)」「集客」に目がいきがちなものです。

「何がなんでもお金(キャッシュ)を回さなければならない」のは当然のことですし、これはこれで極めて大切なこと。

しかし、「目の前の売上」を求めることに偏りすぎるというのも考えものなんです。


例えば・・・

■売上・受注量に見合う体制(サービスを提供する人員や仕組みなど)が整っていない。

→サービスの提供段階で”回らなく”なってしまったり、従業員がストレスを溜めてしまうことに繋がります。

■そもそものブランディングができていないために”プッシュ型”の営業しかできない。

→営業や宣伝に取られる負担がとても大きくなってしまい、経営者自身や営業・宣伝に関わる方々が必要以上に疲れてしまいます。

ということが起こってしまいます。


その結果、中長期的に見ると経営資源(特に、「人」に関する資源)が消耗します。

そして、利益がどんどん下がっていくという現象に陥ります。

「売上が上がれば上がるほど事業としてはどんどんしんどくなっていく」状況になってしまうのです。


残念ながら、これでは全く”事業”の体を成していないといえます。

「経営者の仕事」というのは、「売上が上がるほど楽になっていく」ものを作ることだからです。


そこで、ブランディングだとか、体制の整備だとかが重要になってくる訳です。


だからといって、「ブランディング」「体制の整備」だけをやればいいという訳でも決してありません。

事業を運営していく以上、「売上」によって得たお金がすべての源となることは言うまでもありませんよね。


当たり前のことですが、両者のバランスが最も重要。

・・・と分かっていても、よっぽど意識しなければきちんとできる方って少ないです、本当に。


まずは、事業全体を上から見渡す広い視野を持つことがとても大切です。

お金に、営業部門(人員)に、サービスを提供する部門に、広報や宣伝をする部門に・・・常にアンテナを張っておくのです。

そうやって分かった現況から、今やるべきことと、その優先順位を冷静に判断する。

こういうプロセスで組み立てる必要があります。


ちなみに、その事業を通して世の中に伝えたい「メッセージ」を常に意識する、すべての言動に一貫性を持たせる・・・これは絶対条件です。


と、まぁ、かく言う僕も焦ったりするときはフツーに焦りますが(笑)

・・・が、気だけでなく、実際の行動まで焦ってしまってはマイナスにしかなりません。

焦る気持ちも持ちつつ、今やるべきことを一つずつ確実にこなして、着実にステップアップすることが、「遠回りに見える最高の近道」だと強く感じています。


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 経営 事業 売上 営業 集客 体制 ブランディング 経営資源

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。