スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【中国ではその商品名が使えない!・・・かも?】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

またまた日本と中国の知的財産法(商標法)の違いから来るちょっとした事故が起こったようで・・・


------------------------------
【富山、福井、愛知などの県名は中国における第三者の登録商標です】

日本の特許庁が、日本の都道府県、政令指定都市の漢字名称が中国で商標登録されていないかどうかを中国商標当局に問い合わせて調査を行った・・・

<スラッシュドット・ジャパン>より引用
------------------------------


日本で有名なものが他国で既に商標登録されていた、ということはそんなに珍しい話ではありません。

「青森」や「鹿児島」といった地名が中国で商標登録されていたお話はそれなりに有名ですが、実は僕達の知らないところで他にも色々と登録されているという現実があります。


例えば、2009年の47Newsの記事によると・・・


日本の地方特産品の名前・・・

・「九谷焼」

・「美濃焼」


日本の有名人の名前だとかも・・・

・文具やフィットネスクラブの商標、「浜崎歩」

・衣類の商標、「安室奈美恵」

記事によると、他に「福原愛」や「高倉健」、「中島美嘉」なども登録されている(いた)ようで。


そんな状況の中、また新たな事例が今回発見されたということなのです。


我々中小企業にとっては、地名だとか有名人の話・・・自分には縁遠い世界だ・・・なんて思いがちになるものですが、決してそういう訳ではありません。

むしろ、中小企業の方がいったん被害を食らうと大きな痛手を負うことになってしまいます。


第三者に商標登録されてしまうということは、

1.その名前やロゴ(商標)が使えなくなってしまう。

2.その名前やロゴ(商標)を現地で広く使われてしまう。

ということになります。


自社の製品なのか他社の製品なのか、名前やロゴだけで見分けがつかないというのは、現地での営業や広報の面で多くのデメリットを引き起こします。

技術やノウハウを権利化し、製造部門を守ることを行うと同時に、商標権を取得して営業部門や広報部門を守ってあげるということもとても大切なのです。


■技術やノウハウを守る=特許、営業秘密化

■ブランドを守る=商標


守りたいものによって取得する権利は変わります。

守りたいものをきちんと見分けて、偏りなく効率よく自社の権利を守ってくださいね。


そういえば、日本でも、「阪神優勝」という言葉を商標登録するとかしないとかで話題になったことがありましたねぇ。

当時のタイガースは成績も人気も凄まじいものがあったので、そういったものの裏返しということはあると思います。

まぁ、”便乗されるうちが華”ということでしょうか・・・?

とはいえ、さすがにこれらは便乗の仕方が悪質かなぁ、と思いますが・・・。


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : 行政書士
genre : ビジネス

tag : 中国 商標 登録商標 商標権 知的財産権 中小企業

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。