スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【Google+、はじめました!】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

実は、巷で噂の(?)「Google+」、先週の土曜日から僕も始めています。


tumblr_lnzddyVcdJ1qao3c7.png


------------------------------
【Google+で既存のクラウドツールの使い方が一変しそうな予感】

Facebookを始めとするソーシャルの圧力に対するGoogleの解答ともいえる Google+ サービスが限定公開されています。

私も初めの日に運良く紹介をいただくことができて、この一週間試していました…

<Lifehacking.jp>より引用
------------------------------


友人でもあり、以前ちょこっとだけ仕事でも絡んだことのあるSEOアカウントプランナーの木村正晴氏に紹介メールを送ってもらいました。

(現在はテスト版ということもあり、アカウント保持者からの紹介がなければ入れないようです。)

まだ色々と語れるだけ使い込めているわけではなく、自分にとって最も良い使い方はどのようなものか色々と試しているところです。


引用記事にもあるように、Facebook/Twitterとの比較や、日本でGoogle+が成功するか否かといった話題はすでに多くの記事があるので、そちらを参照いただくとして、ここでは個人的な興味の方を。


こういった”ウェブのソーシャル化”の動きが、事業の形、特に、広報戦略というものにどういった影響を及ぼすかについて、とても大きな興味を持っています。


Google+では、フォローしているメンバーをグループに分け、投稿する内容によってそれを見せるグループを選択することができる機能があります。

これを「サークル機能」というのですが、僕はこの「サークル機能」に大変注目しているのです。


例えば誰かが「この商品はオススメだ!」などと思ったときに、ツイッターへの投稿だと、「自分と繋がっている人間すべて(=不特定多数)」に対してその情報を発信します。

これがGoogle+では、「その商品に興味を持ちそうなサークル(メンバー)」に絞って発信する、ということができるようになったのです。


これまでTwitterのリスト機能に代表されるように、情報の”受け手側”だけで整理されていた「情報」というものが、”発信する側”においても整理できる環境が生まれたのです。

この結果、”発信する側”においても情報の整理が行われることにより、”受け手側”に見える記事の量が今よりも絞られる(少なくなる)可能性があると思っています。

発信される情報が絞られることにより、今現在、自身にとって必要であるものの「書き込まれ過多」のために見逃してしまっている情報が、目に入ってくる可能性が高まるということはないでしょうか?


発信する対象を絞ることにより、「1投稿あたりにその記事を見てもらう人数」という意味での”拡散性”は失われるかもしれません。

しかし、逆に「その1投稿あたりにその記事に興味を持ってもらえる人数」という意味での”アプローチの的確性”は今よりも向上すると思います。


情報過多の時代に、それを「整理する方法」まで備えたものがリリースされる、それもグループウェアなどではなく、プラットフォームのものにおいて・・・

地味ではありますが、実用的で、進歩的な話だと僕は考えます。


ちなみに、Facebookにも同じような「リスト機能」というものがありますが、個人的には、Facebookのそれよりも格段に使い勝手が良いです。

Facebookではリストの選択のために数クリックしなければなりませんが、Google+では2クリックで発信するサークルの選択ができるためです。

たかが1~2クリック差ですが、人にとってこういった少しの差というのは、「煩わしさ感」に換算するとかなり大きな差になってしまうと思います。

(例えば実際に、Facebookで「リスト機能」を積極的に用いて発信されている方はほとんど見受けられません。)


現実世界の人間関係をウェブ上にも反映させるという面は、FacebookよりもGoogle+に長があると思います。


・・・とまぁ、ここまで色々と話してきましたが、「じゃあ、どう使えばうちの事業に活かせるんだ?」と聞かれると、「まだそこまでは把握してないですスイマセン・・・」というしかないのが正直なところ。

長文を読んでいただきながら、オチなしで申し訳ない限りです(^^;


Google+に関しては、またこれからも使い込んでいくうちに、僕の方で「おっ!」と思ったことがあれば、積極的に発信していきたいと思っています^^

特に、事業に使えそうだなぁ、と思ったことは積極的にお伝えしたいと思っていますので、ぜひ今後のご報告を楽しみにしていただければと思います。


P.S.最後になりましたが、僕のGoogle+アカウントはこちらです。

既にアカウントをお持ちの方がおられましたら、ぜひお気軽にフォローくださいね^^


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

tag : Google+ サークル機能 情報整理 アプローチの的確性 広報戦略

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。