スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

【「結果」に一喜一憂しちゃってませんか?】

こんばんは。”喜怒哀楽をともにする”事業サポーティングパートナー、新田孝博です。

日本中が「なでしこジャパン世界一」のニュースに湧いた朝となった3連休の最終日となりましたね!

僕としては、応援している鹿島アントラーズも久々に内容・結果ともに満足のいく勝利を収めたという二重の喜びの一日。

普段よりも少しテンションの高い一日を過ごすことができました(笑)


ここ最近のアントラーズは、「内容はいいのだけれども勝ちきれない、もしくは負けてしまう」という状態が続いていました。

内容が悪ければ原因がハッキリしているので、その点を修正するということがある程度容易にできるものです。

しかし、「勝てない」のに、「(中途半端に)内容は悪くない」という状態は一番やっかい。

こういう場合、本当にちょっとした歯車の噛み合いの悪さが原因であることが多いのですが、この”噛み合わせ”を修正することほど難しいことはないからです。


僕は、サッカーに限らず、事業において、また個人においても、「内容と結果の2×2の場合分け」というものが存在するのではないかと考えています。

(1)いい結果を得ることができ、さらにその内容も良かった

(2)いい結果だが、内容は悪かった

(3)悪い結果だが、内容は悪くなかった(良かった)

(4)悪い結果で、その内容も悪かった


そして、以上のそれぞれについて、それぞれの対処法があると思っています。

(1)の場合→そのいい状態を続けていくとともに、好調の時に見落としがちになる悪い点をより注意深くチェックする。

(2)(4)の場合→悪い点を修正していく(修正点がある程度明らかな場合が多い)。

(3)の場合→チーム内でコミュニケーションを取り、暗い雰囲気になってしまわないようにする。


(3)のお話ですが、コミュニケーションをしっかり取ることや、歯車が噛み合っていない部分へのプレッシャーを少し緩和してあげるだけで、流れの悪さがだいぶとマシになります。

また、内容は良いのに勝てないときというのは、チームとしての空気が非常に重たくなってしまい、それがチームの状態に伝染してしまうもの。

その重たさが結果にも出てしまう負のスパイラルに陥ることが大変多いので、そうならないよう、普段以上にチームの雰囲気を明るくするよう努めることが大切だと思っています。


皆様も、一人ひとりの「目標」の達成に到るまでの道のりというのは、おそらくはかなり長いのではないかと想像しています。

その長い道のりの中で、その目標への到達という大きなテーマを考えたときには、目の前の「勝敗」に一喜一憂するのではなく、それらを最終目標までの「過程」と捉えることが大切です。

それは、目の前の勝敗に一喜一憂してしまうことで、本当にやるべきことを見失ってしまうことが一番してはならないことだからです。

(決して、目の前の「勝敗」にこだわらなくていい、と言っている訳ではありません。念のため。)


そういう風に、目の前の「勝敗」を中長期的に戦略的に考えるためには、結果をそのまま受け止めてしまうのではなく、”分解”してみることから始めるのです。

どこに上手くいく原因があったのか、もしくはダメになる原因があったのかを冷静に把握することが、「次の勝利」「最終目標への到達」のための第一歩であると思います。


【そのアイデアを、カタチに。】
喜怒哀楽をともにする、事業サポーティングパートナー
新田行政書士事務所
B!

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

tag : 事業 結果 内容 場合分け 分解 原因

comment

Secret

バックリンクチェッカー

プロフィール

新田孝博@さすらいの行政書士

Author:新田孝博@さすらいの行政書士
ヌピ@さすらいの行政書士のプロフィール

メールフォーム
お気軽にメッセージください★

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
SP thanks to my partner
Google+ページ
ピボーテパートナーズ/新田行政書士事務所 Google+ページ
Google+
新田孝博の本棚
鹿島アントラーズ
天気予報 by KDDI
QRコード
QR
FC2カウンター
いつもご訪問ありがとうございます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんなの足跡『あし@』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。